1.HTTPとは
HTTP(HyperText Transfer Protocol)とは,インターネットの基本となるプロトコルです。Yahoo!などのWebサイトを閲覧する場合は、このHTTPというプロトコルが利用されます。
Web閲覧はHTTPと考えればいいのですが、URLを入力するときに、http://〜 で始めることから、なじみ深いことでしょう。

HTTP(HyperText)の意味ですが、通常のテキスト文書よりすごい(super)だけでなく、とびぬけてすごいという意味のハイパー(Hyper)です。
基本的にはHTML(Hyper Text Markup Language)という言語でWebサーバのコンテンツは作られますが、確かにリンクや画像や動画なども記載できるので、ハイパーな言語であるとも感じます。

2.HTTPのバージョン
HTTPプロトコルにはいくつかのバージョンがあります。
主流はいまだにHTTP/1.1ですが、HTTP/2が2015年、HTTP/3が2018年にRFCとして文書化されています。

2と3については追々書くとして、http/1.0と1.1について。
http/1.0は一つのTCPコネクション(=3wayハンドシェーク)にて、1つのHTTP Requestしか送れません。
通常、Webページには複数の画像などもあるため、たくさんのRequestを送ります。その都度TCPコネクションをはるのは無駄です。
そこで、HTTP/1.1では、1つのTCPコネクションで複数のHTTP Requestが送れるようになりました。

3.HTTPSとは
https(HTTP over SSL/TLS)とは、そのフルスペルの通り、HTTPをSSLやTLSを使うことで、暗号化して安全に通信を行うことです。
最近ではGoogle検索もhttpsによる暗号化通信になりました。
オンラインバンキング使うと、https://〜で始まるURLが表示され、バーの部分が緑色になったりします。また、証明書の確認もできます。
※以下は三菱東京UFJ銀行のオンラインバンキングのサイトを開いた画面です。
UFJ

スポンサードリンク