イントラネット(Intranet)は社内ネットワークのことで、エクストラネット(Extranet)は企業をまたいだネットワークです。ECやEDIなどがその代表例です。企業間の接続にはVPNやSSLによる暗号化通信がよく利用されます。
EC(Electronic Commerce:電子商取引)
 ECには、企業(Business)間での電子取引であるB to Bや、企業と消費者(Customer)の商取引であるB to Cがあります。最近ではオークションサイトでの取引など,消費者間での取引(C to C)も増えています。
EDI
 EDI(Electronic Data Interchange:電子データ交換)に関して過去問(H28春AP午前問72)には「ネットワークを介して,商取引のためのデータをコンピュータ(端末を含む)間で標準的な規約に基づいて交換すること」と述べられています。