過去問(H28秋NW午前玉6)では、「IPv4でのARPを利用したGratuitous ARP の説明」として,「ターゲットIPアドレスフィールドに自端末が使用するIPアドレスを入れて,MACアドレスを問い合わせる」とあります。
GARPの仕組みは、この過去問にあるように、「自ポートに設定されたIPアドレスの解決を要求する」ことです。GARPのパケットをWiresharkでキャプチャした例を以下に示します。送信元IPアドレスと,宛先IPアドレスが同じになっています。つまり、「自分自身のMACアドレスを教えてくれ」と言っているのです。
GARP
 ネットワークスペシャリストを目指す女性SEあれ 

なぜ自分のIPアドレスを解決する必要があるんですか?
自分のIPアドレスとMACアドレスなら,解決しなくてもわかっているのでは?
その通り。解決しなくても分かっています。GARPを投げる目的は、自分のMACアドレスを知りたいのではなく、別のところにあります。GARPを送ることによって、自分のIPアドレスとMACアドレスを周りに通知したいのです。
 過去問(H26秋NW午後1問2)では、「自ポートに設定されたIPアドレスの解決を要求する〔 エ:GARP又は,Gratuitous ARP 〕を用いて接続機器のARPテーブルを更新する機能」とあります。
さらに、別の過去問(H25NW午後玉1)ではGARPの目的が問われ、解答例は「同一サブネット内のIPノードがもつARPキャッシュを更新させるため」となっています。
このように、GARPは本来のARPとしての意味がありません。Gratuitousが、「いわれのない」「根拠のない」という意味なのも、理解できるのではないでしょうか。