ネットワークの速度として、100Mbpsや1Gbpsなどの表記を使いましたが、これらの言葉について簡単に解説します。 

(1)ビットとバイト

ビット(bit)とは、データの最小の単位のことで、1ビットで0か1のどちらかを表現できます。また、2ビットであれば、00、01、10、11の4種類の値を表現できます。バイト(byte)という単位ですが、8ビットをまとめて1バイトといいます。鉛筆12本を1ダースと言うようなものです。たとえば、1000バイト=8000ビットになります。 また、バイトの代わりに、8を意味するオクテットを使う場合もあります。

(2)キロ、メガ、ギガ

 我々も日常的に使う単位に、K(キロ)、M(メガ)、G(ギガ)があります。Kは1,000倍(正確には2の10乗(=1024)倍)、Mは1,0000,000倍(正確には2の20乗)倍、Gは1,000,0000,000倍(正確には2の30乗)倍です。 たとえば、1Gバイト=1000Mバイト=1000000Kバイトになります。 さらに大きな単位として、ギガの1000倍のT(テラ)や、テラの1000倍のP(ペタ)などが続きます。

(3)bps

bps(bits per second)は、通信速度を表す際に使われる単位です。そのフルスペルにあるように、1秒(second)ごと(per)に、どれだけのビット数(bits)を伝送できるかという意味です。つまり、1秒間の伝送量をビットで表したものがbpsという単位です。

スポンサードリンク