◆0.ハンドルネームを教えてください。(個人情報になりますので、本名は禁止です)
 エネゴリ
 
◆1.スコアを教えてください。
 午前1 -
 午前2 88
 午後1 86
 午後2 73

◆2.何回目の受験ですか?
4回目
1回目:午後2 52点
2回目:午後2 56点
3回目:午後1 54点
 
◆3.受験の動機は何ですか?
しっかりとした基礎知識を身につけたかった
今までの経験を形にしたかった

◆4.どういう勉強しましたか?
 今年の学習内容
  _甬醋箟藹
   4年分の過去問を3回ずつ演習した。
   本文のどこがヒントになっているのか、必要な基本知識は何か、回答までのプロセスを確認する。
   ネスぺの解説が読んで分からない点は、調べてテキストに記載していく。

  ▲優垢擇隆霑知蓮3〜4回
   ネスぺの基礎力の設問に対する回答を、自力で書けるまで繰り返す。
   設問に無い本文でも、重要だと思った点は、一問一答の問題を作成して自力で書けるようにした。

  NWセミナー
   昨年度開催の午後問題対策セミナーに参加した。
   基本知識の重要性や問題文に素直に答えることの重要性を学ぶことができた。

  げ甬4年分の午後問題のNW図のみコピーし、設定などの詳細を書き込む
   セミナーでNW図が重要との話があり、上記を実施、
   持ち歩いて定期的に確認し、説明できる練習をした。

  ジ畫
   午前2のみ6年分を正答できるまで実施
   解説は翔泳社のテキストを利用した。


◆5.役に立った勉強教材を教えてください。
   ・ネスペ過去問シリーズ
   →試験問題の解説と必要な基本知識が丁寧に記載されている。
    解説が難しすぎないことも自分にはよかった。

  ・ネスぺの基礎力
   →一問一答でアウトプットしながら基本知識を学ぶことができる。
    H28の解説は通常版ほどボリュームはありませんが、
    あるとないとでは理解度が大きく違ったので助かった。
    (ネスぺ解説のないH24の問題は、あまり理解できていない)

  ・ネスぺ教科書
   →4年前に出版してほしかった!
    基礎知識の概要を把握できるので、一番最初に読むといいと思います。

  ・翔泳社の情報処理教科書
   →午前問題の解説が詳細で分かりやすい。
    あまりに難しい問題は深追いしなかった。
 
◆6.過去問は何年分を各何回実施しましたか?
   午前:6年分 全問正解するまで
   午後:4年分(平成26〜29年)を3回
   ※過去3年間も4年分を×3回をやり続けています。
 
◆7.最新技術の勉強はどれくらい行いましたか?
   なし。

◆8.模試は受けましたか?また、受けた方が良いですか?
   なし。
   
◆9.本試験では、どの問題を選びましたか? また、その選び方は?
仝畍紕
 問2、問3
 
 問2はSNMPとSTPの問題だったので、コミュニティ名、Trap、UDP、再構築辺りが問われることが想定され、
 大きく外すことはないと判断し、最初に解くことを決めた。

 問3はNWの構成図が数年前のPM2の問題に似ていたこと、穴埋めが簡単だったこと、
 OSPF、IPsecなど過去に出題された内容だったので選択した。

午後2
 問1

 問2のSDNは3回目の出題だったので、おそらく難しいだろうと思った。
 問1のMQTTを選択した。
 シーケンス図も、RTPのシーケンス図と似ていたので、対応できると考えた。

◆10.試験は簡単でしたか?
 ヾ蔽院↓△匹舛蕕といえば簡単、I當漫↓い匹舛蕕と言えば難しい、テ颪 い、Σ燭箸盡世┐覆

 H27は
 H28は
 H29は
 H30は

◆11.合格の場合、合格できた理由は何だと思いますか?(不合格時の比較などもあれば)
 他年度の受験になってもあきらめなかったこと。
 NW図の理解を重視したこと。
 問題文に素直に答えることを意識したこと。

◆12.(不合格時との比較も含めて)これはやってはいけない勉強のやり方
 答えだけ丸暗記すること。
 公式回答と自分の回答のズレの原因を考えないこと。
 (ネスぺで〇〇でも正解でしょうと書いている場合はOK.)

◆13.モチベーションを上げたり維持するために工夫したことは何ですか?
 ・ネスぺの勉強だけをしないようにしました。
  一つにかけてしまうと、落ちたときのショックがかなり大きいです。
  並行して別の学習をして、これに落ちてももう一方があると余裕を持つようにしました。
  (これは多年度の受験だったからだと思いますが)

◆14.合格に最も大切なのはズバリなんでしょう。
 ・過去問から問題を解くプロセスを深く理解すること。
 ・基本をしっかり学習すること。

◆15.資格を取って一番得るものは何?(喜び、モチベーション、お金、実 力、資格の肩書きなど)
  最低限の基礎力はあるという自信

◆16.会社から出る報奨金はいくらですか?(受験費用や研修費用、通信教育  費なども支給される場合は、詳しく教えてください。
  なし

◆17.あなた様について教えてください。
 (職種、年齢(or年代)、保有資格、など)
  システム開発(設計書作ったり、PGなど)
  社内システム部門、30代
  DB、SC、SW、簿記2級、TOEIC Bなど

◆18.ブログ、書籍などへの転載可否
 最初に承諾いただいていると思いますが、可否を以下に記載願います。(可   or 否)
  可

◆19.最後に一言お願いします。
 長かった!とにかく嬉しいの一言です!

 3年連続で落ちたときは本当辛かったです。
 ネスぺのコラムに半分以上が1年で合格したとあって、さらにショックが・・・
 
 今年は何かを変えないといけないと思い、
 思い切って上京?してセミナーに参加したことで、
 足りなかった+αに気づけたと思います。
 
 次からは論文試験に挑戦します。
 論文対策の本やセミナーが出たら、また購入したり、参加したいと思います。