企業様を対象に、次世代ファイアウォールのハンズオン研修にて、ネットワークセキュリティを学んでいただきます。

1.次世代ファイアウォールで学ぶネットワークセキュリティ研修の概要

企業のセキュリティを守る根幹をなすのが次世代ファイアウォールです。これ1台で、ファイアウォール機能、IPS機能、アンチウイルス、URLフィルタ、アプリケーション制御、標的型対策、拠点間とのVPN(IPsec通信)やリモートアクセス(SSL-VPN)など、さまざまなセキュリティ機能があります。
次世代ファイアウォール機能でシェアNo.1のFortiGate(Fortinet社)を使って、実機を用いて次世代ファイアウォールの仕組み、技術、設定を学んでいただきます。
セミナーの講師は、ネットワークスペシャリスト試験対策で高い評価を得ている「ネスペ」シリーズ(技術評論社)、FortiGateの設定本である「FortiGateで始める 企業ネットワークセキュリティ」(日経BP社)の著者である、左門が行います。

2.研修の進め方

本研修では、一人に1台のFortiGateを操作してもらい、次世代ファイアウォールによるセキュリティ対策の機能を座学で学ぶとともに、実機でも設定してもらいます。

日経BP社から発売した本をテキストとし、FortiGateの最新OSを使ってセキュリティ機能を学びます。
主な研修内容は、以下です。
第2章 FortiGateの基本設定
第3章 ファイアウォールを設定する
第4章 セキュリティ機能を設定する
   ・アンチウイルス機能
   ・IPS機能
   ・URLフィルタ機能
   ・アプリケーションコントロール機能
第5章 VPNを設定する
   ・インターネットVPN(IPsec)
   ・SSL-VPN
第6章 SD-WANを設定する

3.研修費用(基本料金)

 (1)基本料金 ※以下はサンプルです。
研修時間(基本) 9時半〜17時(調整可能) 
1日の料金 ・基本費用30万円(税別。機材準備費含む)+参加人数×7万円
(例)10名参加の場合、30万円+70万円=100万円(税別)  
参加人数 5名様以上
交通費・宿泊費 実費(大阪から向かいます。日程を調整いただければ、ゼロも可能です)
ご準備いただくもの セミナー会場、PC(LANポート、Teratermインストール必要)、プロジェクタ、
マイク、インターネット環境、配布物の印刷(こちらからデータでお渡しします)など。
その他 ・契約は、個人との契約でお願いしたいですが、難しい場合は法人契約も可能です。
・FortiGateはこちらで準備します。
※日数や内容はご相談に応じます。

(2)研修例
本研修は標準で2日間のコースになります。より詳細に学んでいただく場合は3日間のコースになります。
10名様で、東京にて2日間の研修の場合 
 ・研修費:30万+7×10=100万円(税別)
 ・交通費・宿泊費:4万円    →合計:約104万円(税別)

4.お問い合わせ先

お問い合わせ先ですが、画面右下の「講演・研修・セミナーの依頼」もしくはフォームからご連絡ください。
まずはメールにてご連絡をさせていただきます。