ネットワークスペシャリスト - SE娘の剣 -

ネットワークスペシャリストの試験対策サイトです。
ネスペ試験の合格体験談、合格のコツ、過去問解説、基礎知識などの情報を掲載します。

カテゴリ:3.勉強方法 > 勉強アンケート

資格の勉強というのは、仕事や学業などが忙しい中、貴重な時間を割いて勉強をするわけです。また、テキスト代などのお金もかかります。資格を取るには犠牲(お金、時間)が必要です。私の場合、何人かの先輩から「資格なんて無駄」と言われました。
ネットワークスペシャリストの資格を勉強する意味はあるの?
犠牲を払ってでも勉強をやりきるには高い意識、モチベーションが必要です。ネットワークスペシャリスト試験の勉強をする前に、「なぜ勉強するのか?」 まずは、その意義を再確認しましょう。

基本的な考えは、「7つの習慣」のにある「斧を研ぐ」こと、つまり、自分を磨く事である。でも、今はワークライフバランスが叫ばれている時代であり、出世や報酬に興味が無い人も増えている。だったら、「勉強しなくてもいいのでは?」と考える人もいるだろう。でも、そんな人でも、勉強はしていただきたい。なぜなら、勉強による効果は、出世や報酬だけではないからだ。具体的には、勉強による効果は、主に次の3つだと考えている。

仕事でより高い成果を出す
 会社、社会に貢献できるとともに、自分にも報酬や地位などのリターンにつながる。例え報酬や地位に興味が無い人であっても、早く成果を出せば、趣味の時間を増やすこともできるであろう。

いきいきと仕事をする
 勉強することで、自信がつくし、SEとして必要な力がつく。仲間からも頼りにされるし、仕事も楽しくなる。自分がやりたい仕事のチャンスを与えてくれる可能性も広がる。

将来への投資
 厳しい競争社会において、生き残っていくには勉強しかないかもしれない。

※投票は何回でもできますが、過去の結果が上書きされます。
※性別や年齢などは、選択しなくても投票できます。

私は、1冊の参考書をやり遂げる場合、ノートを作りながらやり遂げることをお勧めしている。
参考までに私の方法を紹介する。
・参考書を読んで分からないところは付箋をつけ、そのまま進む。悩みすぎない。
・計画通りにやる。期限を区切り、内容が中途半端でも、次に進める。気持ちを切らさない。
 ※気持ちがのったときに、後から足せば良いだけ
・最後の章をノートにまとめることが大事だ。最後の章をやることで、仕上げた感を得られる。
3

ノートを作る時間が無いんですよ。
かなり時間がかかるじゃないですか。
完璧にやろうと思ったら無理だね。
・参考書が10章あれば、そのうちの3章を完璧にやるのではなく、10章全部を3割の力でやるイメージ。
・時間がないときは、タイトル、サブタイトルだけでもノートに書く。
仕事でも、70%の仕事でいいからまずは仕上げるようにいわれたことはないだろうか?それに似ていると思う。くどいようだが、ポイントは、程度が悪くても最後までやりきること。

※投票は何回でもできますが、過去の結果が上書きされます。
※性別や年齢などは、選択しなくても投票できます。

皆さんのご意見をお聞かせください。※フォームがおかしいですが、入力欄に理由などをコメントできます。
※投票は何回でもできますが、過去の結果が上書きされます。
※性別や年齢などは、選択しなくても投票できます。

先の2つのアンケートのご協力、ありがとうございました。
最後に、このアンケートへのご協力をよろしくお願いします。
100人まであと14人ほどです。


※投票は何回でもできますが、過去の結果が上書きされます。
※性別や年齢などは、選択しなくても投票できます。

先のアンケートのご協力、誠にありがとうございます。
あっという間に100人超えました。
次も100人のアンケートを採りたいため、あと10人ほどご協力お願いします。
現在は90人です。
皆さんのご意見をお聞きかせください。 ※投票は何回でもできますが、過去の結果が上書きされます。
※性別や年齢などは、選択しなくても投票できます。

皆さんのご意見をお聞かせください。※フォームがおかしいですが、入力欄に理由などをコメントできます。
※投票は何回でもできますが、過去の結果が上書きされます。
※性別や年齢などは、選択しなくても投票できます。

2

ネットワークスペシャリストって、超難関試験ですよね。
合格した人ってどんなすごい人なんでしょう。
ネットワークスペシャリストに合格するってことは、すごい人とは限らない。経験がほとんどない学生や入社2年目くらいの新人でも合格している人もいる。難しい試験であることには間違いないが、弁護士試験や甲子園に出場するような高いハードルではない。
それに、合格している人もたいしたことない人も案外多い。ネットワークを全部しっているわけでもないし、所詮1回受かっただけ。
そういう私も、ネットワークのことは知らないことが山ほどある。本を読んで日々調べて、人に教えてもらいながら業務をしている。合格と不合格は紙一重だと思う。
受験生の皆様におかれましては、「雲の上の資格」と思ってしまうよりは「ちょっと勉強すれば手が届く試験」と考えていただきたい。そう思って間違いない。
 私が今もしネットワークスペシャリスト試験を受けたら、どうなるだろう? 過去に2回合格しているので、3回目も受かる可能性は低くはないと思う。しかし、絶対受かるなんて口が裂けても言えない。10回受けたら7回は受かる自信はあるが、3回くらいは落ちると思う。(しかも必死に勉強して)
※フォームがおかしいですが、入力欄に理由などをコメントできます。
※投票は何回でもできますが、過去の結果が上書きされます。
※性別や年齢などは、選択しなくても投票できます。

卵を机に立てることはとても難しい。
ところが、卵を机に叩きつければ立てることは簡単。
いわゆる”コロンブスの卵”である。

ネットワークスペシャリスト試験は合格率が10%前後の難しい試験である。
とはいえ、学生や新入社員が合格していることも事実である。
ということは、ネットワークスペシャリスト試験にも合格のコツがある。
女性笑顔 

では、そのコツを教えてください。
プロ野球選手に野球のコツを聞いたら、たくさんのアドバイスをいただけると思う。しかし、一言教えてもらって簡単にうまくなるようなものではないはずだ。
この試験のコツも同様で、単純なものではない。このサイトやネスペシリーズに書いている点を読んでいただき、その中で、何点か、気づくことがあると思う。
 一つ言えることは、合格される方はネットワーク試験を心から楽しんでいる。上っ面の勉強をしても楽しくありません。基礎を理解して、それが「分かった!」と思える楽しさを味わっている。合格される方というのは、勉強が楽しくてたまらず、ノリノリで勉強している。※フォームがおかしいですが、入力欄に理由などをコメントできます。
※投票は何回でもできますが、過去の結果が上書きされます。
※性別や年齢などは、選択しなくても投票できます。

一人でやっていると知識面で迷宮入りする場合が多いが、最も怖いのは、勉強の方向性やペースそのものが迷宮入りすることである。受験仲間と情報交換をしていると、そういったおおきなぶれが少なくなる。

受験仲間がいれば、ペースメーカになるし、分からないところは聞ける。
さらに、あいつがには負けられないというパワーもでる。モチベーション向上にもつながる。

ただし、一緒に勉強することはお勧めしない。図書館などで一緒に勉強していても、気が散ることが多いからだ。集中するためには一人で勉強することが基本だ。
※フォームがおかしいですが、入力欄に理由などをコメントできます。
※投票は何回でもできますが、過去の結果が上書きされます。
※性別や年齢などは、選択しなくても投票できます。

このページのトップヘ