ネットワークスペシャリスト - SE娘の剣 -

ネットワークスペシャリストの試験対策サイトです。
ネスペ試験の合格体験談、合格のコツ、過去問解説、基礎知識などの情報を掲載します。

カテゴリ:9.トランスポート層(L4) > 9.1 レイヤ4

レイヤのプロトコルには2種類があります
TCPの通信:HTTP、DNS、FTPなど
UDPの通信:SMTP、DHCPなど
)TCP/UDPを使わない通信:ICMP、GRE、ESPなど。ポート番号の概念はありません。

TCPやUDPの通信を行うには、ポート番号が必要です。
女性直立 

インターネットを見るHTTPは80番で、
メールを送るSMTPは25番として決まっていますよね。
そう。ただ、厳密に言うと、違うポート番号でHTTP通信をしたり、SMTPにてメールを送ることもできる。
でも、決まっていた方が分かりやすい。
クライアントは、そのポートめがけて通信をすればいいので。
インターネットを見たいときは、80番でアクセスする。サーバは80番で待ち受けている。
サーバ側でnetstatコマンドで確認すれば、その様子が分かるだろう。
(後日その画面を貼り付けます)

補足解説
・ポート番号は2バイト(16ビット)で表現されるので0〜2の16乗(=65535)の値を持つ。
・利用範囲が決められている。
範囲解説
01023Well-Knownポート。telnet 23,smtp 25など
102449151登録されたポート。IPアドレスを管理しているIANA(Internet Assigned Number Authority)が管理し、許可をもらって利用する。たとえばMicrosoft社は3389をターミナルサービスとして登録している。メジャーな会社は申請することが多いだろう。
4915265535アプリケーションが動的に割り当てたり、Privateポート番号として自由に使える。

また、ポート番号はクライアント側でも特定のものが割り当てられている。
サーバは、クライアントのポート番号に向けて、応答パケットを返します。

このページのトップヘ