ネットワークスペシャリスト - SE娘の剣 -

ネットワークスペシャリストの試験対策サイトです。
ネスペ試験の合格体験談、合格のコツ、過去問解説、基礎知識などの情報を掲載します。

カテゴリ:8.ネットワーク層(L3) > 8.6 IPv6応用

ステートレスという。DHCPが無くても、自分でIPアドレスを設定する。ただし、ネットワーク情報はルータから送られてくる。
RA(Router Advertisement)が大事なキーワードです。
具体的な動作は以下です。
|舎はRS(Router Solicitations)メッセージを送り(ff02::2)、ネットワーク情報を要求する。
▲襦璽燭RA(Router Advertisement)を返し(ff02::1)ネットワーク情報とデフォルトゲートウェイ情報を返答する。
C舎は自分のMACアドレスから、EUI-64を利用して48ビットのMACアドレスを64ビットに変換する。
cf.ステートフル・・・・・・DHCP

Ciscoルータでやってみましょう。
ipv6 unicast-routing を入力し、IPv6のルーティングを有効にします。そして、IPv6アドレスを設定するインタフェースに移ります。
Router(config)#ipv6 unicast-routing
Router(config)#interface fastethernet 0/0
Router(config-if)#ipv6 enable
これで設定は終わりです。
IFにIPv6のアドレスが設定されました。
確認はsh intではなく、sh ipv6 intで見てみましょう。
Router(config)#sh ipv6 int

以下のように記載されているはずです。
link-local address is 〜IPv6アドレス
これは、EUI-64による、IPv6アドレスの自動設定
です。IPアドレスの設定は、MACアドレスからルールに基づき、自動で設定されます。
ちなみに、このIFのMACアドレスも確認してみましょう。
Router(config)#sh int

ここで具体的な法則は書きませんが、このMACアドレスと、IPv6の値は何となく似ていますよね。

IPv4ではARPを使っていたが、IPv6では、ICMPv6のND(Neighbor Discovery)を使う。
この点を含めて、IPv6ではICMPv6の理解が重要になる。

このページのトップヘ