SIPでは、まず、SIP UA(IP電話機や、通話アプリが入ったPCやスマホ)が、自分の位置情報をREGISTERメソッドを使って登録をする必要がある。
それは、IPの通信では、位置情報(IPアドレス)が変わることが多いからである。

sip
(図はネスぺR1より)

過去問(R1NW午後2問1)をみてみよう。
(6)SIP UA がIP-PBXに位置情報登録を依頼する際,SIP UAはSIPメソッド【 ウ 】を使ってリクエストを行う。その際,【 エ 】を認証するために“HTTPダイジェスト認証方式”が用いられる。認証情報がないリクエストを受け取ったIP-PBXはチャレンジ値を含むレスポンス“401 Unauthorized”を返す。SIP UAはチャレンジ値から生成した正しいレスポンス値を送り,IP-PBXはレスポンス【 オ 】を返す。
では、以下に実際のパケットをキャプチャした様子を紹介する。
この例では,192.168.1.100のSIP UA(IP電話機)が,192.168.1.56のSIPサーバに位置情報の登録(REGISTER)を行います。認証用のアカウントとして,ユーザ名“100”とパスワードをSIP UAに登録しました。ユーザ名に対応する電話番号は事前にSIPサーバに登録されています。
sipキャプチャしたパケットは以下
sip2
1つ目のパケット:REGISTER
SIP UAは起動後に,SIPサーバに「認証情報がないリクエスト」(REGISTERメソッド)を送信します。認証情報にはユーザ名“100”だけが含まれており,パスワードは入っていません。
2つ目のパケット:401 Unauthorized
REGISTERを受信したSIPサーバは,「401 Unauthorized」のレスポンスを返します。この中に,チャレンジが含まれます。
3つ目のパケット:REGISTER
SIP UAはチャレンジとパスワードから生成したレスポンスを埋め込んで,改めてSIPサーバにREGISTERを送信し,位置情報の登録を行います。
4つ目のパケット:200 OK
REGISTERを受信したSIPサーバは位置情報を登録し,「200 OK」のレスポンスを返します。

参考だが、ここにおけるダイジェスト認証の流れは以下

さて、過去問の空欄の正解は以下である。
ウ:REGISTER
エ:SIP UA
オ:200 OK

スポンサードリンク