女性直立
では、じっくり読んでいきましょう。
皆さんもイメージを膨らませながら、ひとつひとつ確実に理解してください。


これからやるやり方で問題文を読んでいけば、確実に力が付きます。
H18午後?-1-1
(問題文はIPAから流用)

まず、問題文の6行目あたり、
「IP-VPNを使って接続しています。」
言葉を一つ一つ深掘りしましょう。
まず、以下の質問に対して、ご自分で解答を考えてください。

IP-VPNとはどんなサービスでしたか?
IP-VPNのキーワードは何ですか?
IP-VPNを使わないとすると、ほかにどんな選択肢がありますか?

どうでしょう。上記の質問に対して、即座に原稿用紙3枚分くらいの解説を書けるでしょうか?書けて当然ですよ。

少しだけ解説します。
・IP-VPN以外には広域イーサネットや、IPsecが考えられます。それ以外にはISDNや専用線、FRなどがありますが、帯域やコスト面で採用することは無いでしょう。
・IP-VPNはMPLSを利用してラベルによって利用者を分けます。これに対し、広域イーサネットはVLANで分けます。
・広域イーサネットを選択しない理由は、「全国9か所の営業所」で利用するからでしょう。広域イーサネットは、県内に閉じたサービスが多いので。

こんな感じで膨らましつつ、納得できない点は調べましょう。

続いていきましょう。9行目あたり、
「本社内や各営業所内のLAN構成は変更せずに、IPsecを使ったインターネットVPNへの置き換えを提案」

本社内や各営業所内のLAN構成を変更せずに可能ですか?
答えは「可能」です。なぜかを考えてください。また、LAN構成は変更せずに置き換えするとして、変更しなくてはならないものは何でしょう?
答えは結構ありますよ。たとえば、ルータ、WAN側のIPアドレス体系、各種設定など、、、

どうでしょうか?理解できてますか?
続いていきましょう。

「トラフィックは、本社と各営業所間だけでなく、各営業所間でも多いことが分かりました。」
これは何を言っているのでしょうか?
IPsecのパスの貼り方に対してヒントを出しています。
ここは重要なポイントであることをイメージしながら、次へ行きましょう。