問2 無線LANシステムの構築に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。
 A社は,中堅規模の情報処理サービス会社である。A社の業務拠点は,システム開発部門や管理部門のある本社,大型コンピュータ,サーバ,ストレージなどを設置してシステム運用を行うデータセンタ(以下,DCという)と,帳票の印刷,媒体や印刷物の受取,送付などのBPO (Business Process Outsourcing)業務を行うBPOセンタ(以下,BCという)の三つであり,各拠点は都内及び近郊にある。DCには,システム開発とBPO業務に必要な自社保有の機器の他,顧客から運用を委託されている機器が設置されている。各拠点の社員は,DC内のサーバにアクセスして業務を行っている。 BCは,拠点としては一つであるが,近隣の複数のビルに分散している。今般,効率面及びセキュリティ上の問題から,BCを一つのビルに統合することになった。

〔BCの統合計画〕
 統合後のBCには,通常のオフィススペースだけでなく,大型のプリンタ,磁気テープ装置,ネットワーク機器などを設置するマシン室と,帳票や媒体を取り扱う作業場所を設置する。通常のオフィススペースには,従来どおりの有線LANを用意するが,作業場所は,柔軟にレイアウトを変更できるように,無線LANとノートPCを導入する。計画に当たり,情報システム部のB君が,BCのネットワーク構成の詳細検討を任された。B君が考えたネットワーク構成の概要を,図1に示す。

ネットワークスペシャリスト試験対策pm1-2-1の図
最近は無線LANがはやっている。以前は、セキュリティの観点から無線LANを禁止する企業も多かった。しかし、今はスマホやタブレットなども普及し、無線LANが再度注目されている。この年の問題も、問2、問3の両方で無線LANが問われている。このようなことは極めて異例だ。今後も無線LANの出題が続くであろう。

[Question1] 有線LANに比べて無線LANのメリットは何か(一般論)



A1 正解は企業において違うだろうが、「有線配線が減少」「スマートフォンやタブレット端末の活用」「柔軟なネットワークの構築」といったところであろう。

〔WLCとAPの検討〕
 B君は,既に無線LANを導入している本社の経験を基に,ネットワーク担当者の運用負荷の軽減と効率向上を考慮し,BCにWLCを導入することにした。ネットワーク担当者は本社で業務を行っており, WLCを利用すれば,遠隔地のBCへ出向く回数が抑えられると考えたからである。導入予定のWLCは,本社に導入したAPと同じメーカの製品であり,次のような機能がある。
 ・APの構成と設定を管理する。
 ・APのステータスを監視する。
 ・AP同士の電波干渉を検知する。

無線LANの導入経験がある人にとっては、比較的読みやすい問題だと思う。WLCに関しても、今はWLC有りのネットワークがほとんどだ。CiscoやArubaなど、メジャーなメーカーは、WLCを使った集中管理型の無線LANシステムである。