問3 モバイル端末を利用したシステムの構築に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。
 F社は,機械部品の卸売業を営む中堅の企業であり,社内で受発注システムを利用している。
 F社の受発注システムは, Webアプリケーションで構成されており,社内にはネットワーク機器及び各種サーバが設置されている。社内の有線LANは, 100 BASE-TXを用いたイーサネットで構築されている。会議室には無線LANのアクセスポイント(以下,APという)が設置され, IEEE 802.llg規格の無線LANを利用して,会議室に設置したPCから社内ネットワークにアクセスできる。受発注システムのWebアプリケーションは,商品名と数量を受け付け,在庫の確認と製造元への発注処理を行う。一度の注文で複数の商品が発注可能になっている。多岐にわたる取扱商品の説明は,Webサーバのカタログページとファイルサーバのカタログデータに保有している。

この問題は、前半が無線LAN、後半がHTTPのセッションに関する問題である。

[Question1] IEEE802.11gの周波数帯を答えよ? ついでに11aも。


A1 IEE802.11bと11gは2.4GHz帯である。一方、11aは5GHz

 現在,F社では顧客の注文依頼を,電話とファックスで受け付け,オペレータが社内のPCをクライアント端末に用いて,受発注システムに入力している。しかし,営業部員からは,客先を訪問した際に,その場でインターネットを通じて受発注処理をしたいという要望が出されていた。
 F社は,営業部員の要望を受け,受発注システムをインターネット経由でも利用可能にし,クライアント端末を,ノートPCとモバイル端末に変更して,クライアント端末と社内ネットワークを無線LANで接続できるよう,受発注システムの変更を行うことにした。F社が開発計画中の新しい受発注システム(以下,モバイル受発注シス
テムという)の構成を,図1に示す。
pm1-3-1
 モバイル受発注システムでは,新たにIEEE 802.11nを実装したAP,ノートPC及びモバイル端末を導入する予定である。モバイル端末には,スマートフォン,タブレット端末など複数の種類を用意し,社員は業務に適したものを利用する。ノートPCは社内だけで利用するが,モバイル端末は社外への持ち出しを許可し,社外からRPサーバを経由してWebサーバにアクセスできるようにする。
〔無線LANの設計〕
 システム企画課のG君は,まず,社内の無線LANの設計に着手した。次は,無線LANネットワークの設計に関する,G君と上司のH氏の会話である。
H氏:今回は無線LANの規格としてIEEE 802.llnを利用できるということだが,今まで使っていたIEEE 802.11gとはどこが違うのかな。
G君:はい。 IEEE 802.llgでは帯域幅20 MHzであったのに対し, IEEE 802.11nでは40 MHz も利用可能となっています。これは隣り合う帯域幅20 MHz のチャネルを二つ束ねることによって,送信データ量を2倍以上に増やす[ ア ]という技術を使ったものです。これによって,例えば20 MHz では理論値で144Mビットノ秒だった伝送速度が,最大で[ イ ]Mビットノ秒になります。

[Question2] 本文中の[ ア ]〜[ イ ]に入れる適切な字句を答えよ。(設問1(1))



A2 アは11nの基礎知識で解ける。チャネルボンディングだ。bondは「結ぶ」という意味で、bondingは「結びつける」と考えればいいだろう。なので、チャネルボンディングはチャネルを複数結びつけるという意味だ。
イは意外に難問だ。単純に2倍の288と答えた人が多いであろう。11nのスピードである150M,300M,600Mという数字が記憶に残っていた人は解けたと思う。

[Question3] IEEE802.11g( 2.4GHz帯)では、チャネルボンディングをあまり使わない。
なぜか。



A3 利用できるチャンネルが減るからだ。もともと、3ch(例1,6,11)しか使えない。それが、2chしか使えなくなる。帯域が早くても使えるチャンネルが少なくなっては、ネットワーク全体としてのスループットはあまり上がらないからだ。一方、MIMOは、チャンネルを消費しないから使う。

また,送信側と受信側の双方で複数のアンテナを使い,同時に異なるデータを送信して受信時に合成する[ ウ ]という技術によって,データをより高速にやり取りすることができます。

[Question4] 本文中の[ ウ ]に入れる適切な字句を答えよ。(設問1(1))



A4 MIMO(Multiple Input Multiple Output)
MIMOの言葉通り、Multiple(多く)の電波のInput(入力)とMultiple(多く)の電波のOutput(出力)である。MIMOはアンテナを複数に束ねて高速化する。複数のアンテナで同時に送信したら、早くなるよねー。という理論である。参考までに、アンテナとは論理的なものではなく、物理的なアンテナである。
4

MIMOで束ねた場合、チャネルは増えるの? 
増えない。チャネルは同一。なので、2.4GHz帯で使っても、チャネルボンディングのようにチャネルが減るとか、干渉しやすくなるようなことはない。
女性ハテナ

タブレットやスマートフォンは11nに対応しているということは、最大600Mのスピードがでるの?
いや、11n対応といっても、MIMOやチャネルボンディングには対応していないことが多い。ガードインターバル(GI:Guard interval)またはフレームアグリゲーションなどによる効果が期待できる程度だ。実際には54Mbpsが72Mbps程度に向上している程度であろう。