ネットワークスペシャリスト - SE娘の剣 -

ネットワークスペシャリストの試験対策サイト(by 左門至峰の株式会社エスエスコンサルティング)です。ネットワークスペシャリスト試験の 勉強方法、合格体験談、合格のコツ、過去問解説、基礎知識などの情報を掲載します。試験対策セミナー・研修も行っております。 ネットワークスペシャリスト試験対策・勉強なら左門至峰の最も詳しい過去問解説「ネスペ」シリーズ(技術評論社)で!!

不合格になる人1:基礎ができていない人

基礎が大事です。 ←本当に大事です。
この試験は基礎的な問題しか出ません。
※出題者であるIPAが言ってます。詳しくは、試験区分の説明にて

それなのに、基礎をおろそかにし、最新の雑誌を確認したり、高度な技術を勉強したり、新しい問題ばかり取り組む人がいます。←昔の私がそうでした。

これでは合格できません。

各章で、基本的な質問を書いてます。たとえば無線LANに関して言えば、

①無線LANの3つ規格(11a,11b,11g)とその違いを述べよ。
②CSMA/CA方式 とCSMA/CD方式の特徴と違いは?
③なぜ、無線LANはセキュリティ対策が必要なのか?
④無線LANにおけるセキュリティリスクを述べよ。
⑤④の各リスクに対応したセキュリティ対策を述べよ。
⑥ESS-IDの意味とその役割は?ESS-IDでできること、できないことは?
⑦複数パソコンの環境において、どういう場合にSSIDを統一し、どういう場合に分けるのか?

どうですか?どの教科書にも当たり前のようにのっているか、当たり前すぎて書かれていないようなレベルですよね。全問答えて欲しいですね。しかも各々の問題でたっぷり説明できるレベルに。


女性笑顔
イチロー選手も基礎練習を徹底的にやっていると聞きました。
素振りやランニング、ストレッチ、筋肉トレーニングなど、イチロー選手ならやらなくてもできそうだけど。
一流な人ほど、基礎を大事にしているんですね。←皆が口をそろえて言いますね。


では、どういう勉強方法がいいのか。

具体的には、
・基礎を自分が納得するまでしっかり勉強する。
・何度も復習する
・わからないとことは徹底的に調べる
・机上ではなく実際の機器や場面を体験する
・事柄の奥にある本質を理解しようとする
などです。

私の昔の勉強法として、「掲示板」を活用しました。掲示板で納得いくまで議論することはとても勉強になります。質問を投げることも大事ですし、他の質問に答えるのも勉強になりますよ。

■ポイント
「基礎」を徹底的に