ネットワークスペシャリスト - SE娘の剣 -

ネットワークスペシャリストの試験対策サイト(by 左門至峰の株式会社エスエスコンサルティング)です。ネットワークスペシャリスト試験の 勉強方法、合格体験談、合格のコツ、過去問解説、基礎知識などの情報を掲載します。試験対策セミナー・研修も行っております。 ネットワークスペシャリスト試験対策・勉強なら左門至峰の最も詳しい過去問解説「ネスペ」シリーズ(技術評論社)で!!

アース(接地)

アース(Earth)とは地球を意味し、地球と接地することをアースという。
三又電源(コンセント)は一つがアースである。コンセントから経由して地面につながっている。

目的は、感電防止がメインになる。
アースには屋外のアースと屋内のアースがある。
・屋外のアースは、電力会社からの電力が何かのタイミングでおかしくなり、
屋内に高圧電流が流れ込むことを防ぐ。
 ※ブレーカがあるからいいんじゃないのかという疑問はある。
・屋内のアースはその目的ではない。電子レンジなどは一時的に500Wなどの高圧になる。人間がさわると感電死する可能性もあるので、アースをつける。