■復元答案■
復元答案をいただいた。試験直後に作成いただいたので、ある程度の精度と考えられる。ただ、いくら急いで書いても、人間は忘却曲線にしたがって忘れていく。なので、あくまでも参考として考えていただきたい。
A氏の点数は60点ジャストで合格とのことだ。
また、予想配点と筆者の採点もあくまでも想定。逆算でやっているので、つじつま合わせでもある。参考程度にお考えいただきたい。


平成24年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験
問2
設問  予想配点解答例A氏答案筆者採点得点
1(1)3ICMPIP×
3IPアドレス送信元IPアドレス×
3拡張×
3管理管理3
2(1)5SW1,社内用DNSサーバFW SW1 ルータ1 SW2 SW3×
(2)6ルーティングテーブルに,営業所のLANへの経路情報が登録されている。営業所のルータに接続する際のデフォルトゲートウェイ4
(3)2業務サーバ1を接続するSW1のポート 業務サーバ1のSW1接続ポート2
2業務サーバ1を接続するケーブルSW1と業務サーバ1をつなぐLANケーブル2
2業務サーバ1又は業務サーバ1のLANポートSW1の業務サーバ1接続ポート2
3(1)a24032×
b21281282
c296962
(2)接続先3SWaSWa3
理由5Webサーバへの通信がFW経由になるので,セキュリティが維持できる。セキュリティの観点から、IPv6接続のパケットもFWを通し不正アクセスを防止する5
(3)5・2001:db8:1:2:0:ffff:203.0.113.1
・2001:db8:1:2:0:ffff:cb00:7101
2001:db8:1:2:0:ffff:cb00:71015
(4)6IPv6とIPv4の両方のネットワークに接続できる環境IPv6からの接続に対して、IPv6で返送できる環境×
4(1)6MACアドレステーブルがクリアされたからツリーの再構成時に、SW2はサーバへの経路情報を学習したため3
(2)6・パケットがSW4からSW1に転送されず,サーバのアクティブLANポートに到達しないから
・パケットがSW1に転送されず,サーバのスタンバイLANポートだけに到達することになったから
管理PCが接続しているSW4がVLAN2でSW1と接続していないためWebサーバへのアクセスができない4
(3)2SW3のP2SW3のP23
2SW5のP2SW5のP23
(4)4IEEE802.1Q 又はタグVLAN 又はトランクポート認証VLAN×
5(1)6・ISPから取得したIPv6プレフィックスの情報
・トランスレータに割り当てるIPv6プレフィックス
IPv6のプレフィックスと、FWで許可しているパケットの情報3
(2)2機器のラックへの設置構成機器の設置場所の情報2
2ラック収容機器の配線ネットワークの配線の情報2
2フロア設置機器間の配線機器の設定情報2
機器への詳細な設定情報
動作確認テストの方法
(3)6アクティブLANポートで,経路障害を検出する方法バックアップ経路を実現するためのネットワーク構成の実装方法4
6アクティブLANポートが切り替わるときの,情報の引継方法バックアップ経路を実現するための各種情報の設定規則4
10060