別の文献で解説した部分は割愛させていただいた。

〔【2】ロスレスイーサネット技術〕
 ストレージのデータ転送のような場合に,大きな通信帯域と信頼性を実現するためにイーサネットを拡張する技術が, IEEE 802.1委員会のDCB (Data Center Bridging)タスクグループで規格化されている。

女性直立
拡張イーサネット、つまりDCB(Data Center Bridging)ですが、CEEとかも聞いたことがあります。




CEEやCiscoが提唱するDCE(Data Center Ethernet )と同じと考えてよいだろう。また、DCBは、従来のイーサネットとの互換性があったはずだ。ただ、10G以上のインターフェースしかないので、普通のLANケーブルを差してそのまま使うというイメージでは使えない。

 [Question1] なぜ拡張イーサネットが必要か



A1 後半にも述べられているように、FCのようなロスのない高い信頼性を求められる通信には、従来のイーサネットでは不十分なのだ。なぜなら、イーサネットは輻輳を管理する十分な仕組みが備わっていない。詳しくは、続きを読もう。


今回の要件を満たすには,ホスト,ストレージ及びRBに,この拡張されたイーサネット(以下,拡張イーサネットという)を使用する必要がある。拡張イーサネットでは,優先度別のキュー制御や,スイッチ内バッファの[  ア ]によるデータロスを防ぐためのスイッチ間バッファ管理の仕組みが規定されており,従来のイーサネットにはないロスレス転送を実現している。

[Question2] [ ア ]に入れる適切な字句を答えよ。



A2 DCBの骨格をなす技術には以下がある。
PFC(Priority Flow Control)
 従来のLAN(イーサネット)と、信頼性が求められるFCとの両方が流れる。これらのフレームを同じ優先度で扱ってしまうと,イーサネットのトラフィック増に伴い,重要度の高いFCのフレームのロスや遅延が発生する。それを防ぐために,フレームの種類によって優先度を付与し,重要なフレーム(特にFC)を優先する。
 具体的には、優先度別にバッファを用意し,受信バッファが枯渇したときには優先度別に送信を抑止するためのPAUSEフレームを送出する。

CN(Congestion Notification)
輻輳を検知して、送信元に通知する仕組み。トラフィックの送信元に通知するというのがポイントで、これまでのイーサネットは、マルチキャストフレーム(PAUSEフレーム)をつかって同一セグメントにのみ、一律の通知を行っていた。同一セグメントのみなので、送信元まで通知されない。

ETS(Enhanced Transmission Selection)
グループを分けて、グループごとに帯域保証する。いわゆるQoS。

問題文では、,鉢△解説されている。[ ア ]は△亡慙△靴親睛討任△蝓◆屬△佞譟)瑤蓮仝漏蕁廚入る。なんとなくイメージで「あふれ」と答えられた人もいたであろう。


また,インタフェースの速度としては, FC (Fibre Channel)の2Gビット/秒を超える,最低でも[ イ ]Gビット/秒のイーサネットの採用が必要と考えられる。

[Question3] [ イ ]に入れる適切な字句を答えよ。



A3 拡張イーサネットは、10Gイーサネットを拡張したもので、1Gは対応していない。よって、10Gという答えに気が付いた人もいたであろう。正解は「10」。
 FCのインターフェースは、ここにあるように2Gbps(ものによっては4Gbpsや8Gbps)程度であり、10Gイーサネットを使った方が安価で高速であることから、FCoEが注目されてきている。