女性指差し
問題文をじっくり読みこむところから始めましょう。
設問と設問に関連するところだけ読んでいては、実力はつきません。
問題文を一つひとつ理解し、腹に落ちるまで納得するようにしましょう。
21PM1-1-1
2行目
東京の本社、配送所及び横浜の営業所の計3つの拠点をもつ

問題文を読むときは、図を照らし合わせながら読みましょう。この場合は図1になります。本社、配送所、営業所がどこにあるか、図で確認しましょう。また、これ以降にあるL2SWや広域イーサネットサービス網なども同様のことを行ってください。
ここはとても大事です。

3行目
レイヤ2スイッチを使用して、広域イーサネットサービス網に接続
Q1.広域イーサネットサービス網とはどんなサービスか?
Q2.広域イーサネットサービス以外には、どんな網サービスがあるか?
Q3.今回の構成における、IPアドレス設計を行ってほしい。(L2SWのIPアドレスを含む)
これらの質問には、すらすら答えて欲しい。スペースの関係もあるので、簡単にだけ解説する。
Q1.Q2は 広域イーサネット WANの体系を参照してほしい
Q3に関しては、後半の表「VLANと接続機器又はポートの対応」を読み込むことで、ほぼ明確に設計ができる。簡単にポイントを書く。
・L2SWなので、ルーティングはない
・L2SWには管理用IPアドレスのみが付与される。(管理用IPは設定しなくてもよいが、後ほど出てくる表を見ると、管理用IPが付与されている)
・VLANによってネットワークが分けられている。VLAN間の通信は、L3SWやルータが無いので、基本的には通信ができない。(※通信ができないと断言してもいい。SVがルーティングする可能性は無きにしもあらず)
・VLAN機能を持ったL2SWは、複数のSWが結合されているだけと考えて良い。今回はVLAN10,20,30の3つのVLANが接続されているが、VLAN10用のSW、VLAN20用のSW、VLAN30用のSWの3つがそれぞれつながっていると考えるとシンプルになる。

6行目
配送所にあるPCはデスクトップPCである。
それほど深い意味がある文章ではないが、可搬型のHTと対比し、固定されていることを意味しているのであろう。
7行目
PCのIPアドレスは、固定で割り当てられている。
これが何を意味しているのかは考え中。恐らくだが、後半で「フレームの内容はすべて同じIPパケットであり、IPヘッダの送信元IPアドレスは、営業所のPCのものであることが分かった。」との一文に関連しているのであろう。固定IPであるから、営業所のPCと特定ができたのだろう。。 
 それはさておき、DHCPと比べ、固定でIPアドレスを割り当てるメリットは何か?DHCPを利用するメリットを参照してほしい。

8行目〜
可搬型端末(HT)、商品管理サーバ(SK-SV)、データベースサーバ(DB-SV)、監視用PC(MPC)、IPT:IP電話機(図1の中)

ほとんどが以下は略語(例えばHT)でと書かれてある。問題文の理解を深めるために、各略語が何を意味しているかを理解しながら読むと読みやすい。
そのためには、略語のフルスペルが分かると良いだろう。
・可搬型端末(HT)→Handy Terminal。
・商品管理サーバ(SK-SV)→Syouhin Kanri SerVer
・データベースサーバ(DB-SV)→Data Base SerVer
・監視用PC(MPC)→Maintenance Personal Computer
・IPT:Internet Protocol Telephone
※ここからは分かり切っているが、、、
・PBX→Private Branch eXchange
・SW→SWitching hub
12行目
Z社には、IP電話による社内電話システムが構築されている。

普通の電話でも良いのではないかと思うが、その通りである。それほど深い意味は無いが、問題文の後半で、「IPTも使用できなかった」という部分で利用する。どう利用しているかは後半で解説する。